翻訳中です。 もし、このページの翻訳の援助をしてくださる方[email protected]

よくある質問 / F.A.Q.s


一般

ADWCTA と Merps とは誰であるか、またGrinning Goat とは何か?

こんにちは。私たちは、ADWCTA とMerps(Grinnung Goatの二人のメンバー)です。私たちは中学校以来のよき友人であり、コープゲームにおいて一生懸命にプレーした長い歴史があります。オープンベータの中でハースストーンをやり始めてから、アリーナの魅力に一気におちいり、リリースされて以来、合わせての2万以上のアリーナウィンズを集めています。

2014年7月に開かれた(アリーナコープ)から、私たちの記録をいかに高く更新できるかを見るために、それに関する記事を書き、また毎週コープアリーナランの生放送を始めました。アリーナコープはすべてのクラスを平等にプレイします。アベレージが一つのランにつき約7.5勝、私たちの15%のランプレイで12勝をあげています。すべてのランは几帳面に編成されていて、現在のアリーナコープの記録を見ることができます。 ここから そしてADWCTA's の個人記録 ここから.

私たちがプレイし始めて以来、Grinning Goatとしての私たちの使命は、コミュニティのために、常に最も質の高いアリーナコンテントを生み出すために、存在することです。, ライブストリーム/生放送 まで ディマンドビデオ, オーディオポッドキャスト, 書面記事, 最新ティアリスト, 他に

the Lightforge とは何か。

"The Light forge"はポッドキャストでもあることを保証します。

質問ではなくその通りです。TheLightforgeポッドキャストは、このウェブサイトを作った同じ人々によってホストされたハースストン世界トップのアリーナフォーカスポッドキャストです。私達は、毎週アリーナに関するニュースをカバーした新しいエピソードや現在のアリーナメタの最善戦略の分析、そしてアリーナでのドラフトやゲームプレーについてあなた方が考える方法でのチャレンジをリリースします。私達はアリーナであなたの記録を更新する間、メタのトップにい続けるため確認します。もしアリーナについて、トッププレーヤの話を聞きたいのであれば、そのときは私たちをチェックしてください。 Youtube, あるいはダウンロード iTunes!

いかにthe Lightforgeの将来をサポートできるか?

私たちはLightforgeのために偉大なプランを持っています。詳しいことは言えませんが、現ウェブサイトはthe Lightforge開発ティームが最後にコミュニティーにもたらすために望むツールの一部にしか過ぎません。私たちはもっと大きなプロジェクトのために土台を用意しています。究極のウェブサイトがリリースされたとき、それがあなたがアリーナとそしてハースストーンのために、ブリザードが創り出すどんな種類のフォーマットにも、相互に影響しあう方法の革命になるであろうと私たちは期待しています。

その間、the Lightforgeをサポートする最善の方法は、あなたの友達やインターネットでの知り合いたちに私たちのことについて語ることです。もし寄付金でサポートされたい方は、 どうかやぎにえさを与えてください! あなた方のどんな形のサポートでもあり難く感謝します。

ハースストーンはロシアからブラジル、中国からフランスまで世界の多くの国々をまたいで、広いプレイヤーベースで、グローバルコミュニティを結んでいます。しかしながら、私たちは異なった言語を話しますが、Lightforge は全世界のアリーナコミュニティを結び付けてくれるものと期待します。Lightforgeは現在、他国の翻訳のある全てのブリザードをもサポートしています。そして私たちは全ての言語に加えて新しい機能を提供し続けることができると思っています。このグローバルドリームを実現させるために、私たちは現在、ハースストーンアリーナ術語の実用的知識をもった翻訳者のボランティアを捜しています。もし、あなたが、私たちのローカライゼーション尽力に手をかしてくださる方は、grinninggoa[email protected]

ティアリスト

いかにティアリストを使うか?

それは簡単です。カードのバリューはカードの右手にある大きな数です。そして左手にある小さい数がそのマナのコストです。高い数ほど良いカードになります。バリューは直系に配置されています。ですから80バリューのカードは60バリューのカードより20ポイント価値が上がります。同じように60バリューのカードは40バリューのカードより20ポイント高いといった具合です。あなたにとって、その情報が最も見やすいように、好きなようにカードを分類したり種類別に分けたりして、フィルターにかけることができます。

"中立"のカードはどのクラスでも利用できます。そしてそれらの多くは特別なクラスにも合うように調整されています。ですからこのタブが一般的に考えて、よいポイントに結びついている間、あなたがドラフトしようとしているクラスを良く見ているべきです。

最後に、時々next to a card* を見るでしょう。その意味はそのカードがかなりシチュエーショナルであり、試合中、そのシチュエーションが何倍にも膨れ上がらないように、あなたのデッキに一枚以上、そのカードのコピーを慎重深く選ぶということです。機敏な戦略は複製を避けるために、ドラフトで低い資産で早くにこれらのカードを選び、そしてもしあなたがまだひとつも持っていないなら、ドラフトで後にそのカードを高くすることです。

いかにしてバリューナンバーは決定されるか?

これは…複雑です。私たちはメタ減状況の中で各々のカードのためのベースライン(表示なし)をセットする厳密なモデルを持っており、複雑なウェブの中で全ティアリストを結びつけています。バリューナンバーはそのカードを持っているときと敵対しているときの私たちの経験を元に、各々のメタのために調整されます。そして、連続的にそのメタが変わるとき、4ヶ月の進展サイクルを通して調整されます。一つのカードが調整されるとき、その調整の背景にはウェブが一緒に移動するとき、チェーンリアクションの中でたくさんのカードに典型的に影響を及ぼすというわけです。

あなたが見るそのバリューはアベレージデッキの中で15番目のピックバリューを表しています。

私たちは時々、現在のメタで彼らの経験に関して、他のアリーナエキスパートたちと相談します。同様にレディットを読んだり、フィードバックのために他のフォーラムを読んだりします。私たちは一般に、他の人たちよりも無限のプレーヤーからのフィードバックを重視します。しかし、すべては私たち自身の経験を通して絞り込まれます。どのカードも(特定のlegendriesを除いて)私たちの個人的な経験なしでは移動しません。そしてどんなケースにおいても、このティアリストは、最大スキルのあるプレーヤーが認めるすべてのカードを評価します。

ティアリストの上から順にドラフトすべきか?

ティアリストに基ずいて厳密にドラフトするのはベストゲームプランではありません。少なくとも、あなたのデッキのセカンドハーフにはです。ドラフトの序盤、資産のためにドラフトするのはわかります。そしてベストデッキを構築するため、ティアリストにドラフトするのはかなり良い考えです。しかしながら、あなたのデッキにもっともっとカードが増えて行く時、あなたのデッキに確実に必要なものを見極めそしてそのとき、適宜に調整すべきです。アリーナドラフトでは多大な考慮すべき事柄があります。たとえばカード対カードのシナジー(KoboldとSwipe)や、カーブの考慮(最低5つの2ドロップ)や除去選択の相違(small/large除去、ボードクリア、そして特定のクラスのピングカード)など。そのとき、テンポとカードアドバンテージのバランス、勝利の状況、リーチそして存続のようなアドバンスデッキ構築の考えがあります。

既に、あなたのデッキにあるカードを基に、あなたの選択を調整するため、確実に知恵を絞るべきです。後にドラフトで、ティアリストが最後の手段ではなくスタートポイントとして使われるべきです。

このティアリストオのための自動的オーバーレイはあるのか?

はい、あります。現在、二つの第三者アプリがthe Lightforgeアリーナを使っています。私たちはスタットトラッキング/分析で完成した自身のシステムそしてアリーナデッキ構築のための進歩したアルゴリズム(特定の電算方式)を開発しています。そのサイトが完成した時 私たちは、年末までにリリースすることを願っていますが、開発において遅れが生じるかもしれません。その間下記の二つのツールは優れていますし、私たちのウェブサイトが完成するとき、これらのツールからあなたのデータを移入することができいるでしょう。

ArenaDrafts - Grinning Goat の長期にわたるサポーターによって創られているこのウェブサイト/自動的オーバーレイは、あなたのティアリスト資産を表示します。またベーシックデッキ編生を準備している間、あなたの統計を自動的に編成し構成します。それは"リーチ"や"ツルー2ドロップ"のようないくつかのアドバンスカードカテゴライズゼーションも持っています。設定したり使うのに超簡単です。ADWCTA と Merps は現在使用しています。

Decktracker - Arena Helper - これは人気のあるハースストーン デッキトラッカーのためのプラグインです。ハースストーンデッキトラッカー自身が非常に進歩していて、あなたの敵対者が手元にそれぞれのカードを引いたとき、探知機のような有用な機能が働き、ゲームの情報に基ずいて、自動的に相手のプレーした秘策を取り除いています。私たちはデッキトラッカーも使用しています。アリーナヘルパープラグインはドラフト中差し出されたカードのために、私たちのティアリストバリューをあなたに示すオーバーレイを創り出します。もしあなたの統計を編成する必要がなければ、あるいはすでにデッキ編成を使っているなら、これはお勧めです。

アリーナ

アリーナでのベスト / ワーストクラスとは何か?

十分な説明と解説で、クラスアリーナティアリストを最新維持します。 ここから。 現在の[LOE]メタのランキングは:

メイジ, ローグ | パラディン, シャーマン || ウォーロック, ドルイド, ウォーリアー || プリースト, ハンター

アリーナプレイヤーのための最も重要なスキルは何か?

どんな特別なアリーナマッチやランにおいて、かなりのツキを必要としますがアリーナは良いプレーヤーにとってはかなり堅実なゲームモードであるため全体的には、実際互角になります。トップアリーナプレーヤーは、全クラスを平均にプレーし普通一つのランにつきアベレージが7勝以上、そしてトップクラスで8.5勝以上に達します。"true infinite"であるためには、クエストを入れずアベレージで約6.7勝必要とされアリーナをプレーし、平均してゴールドを獲得すると言うことです。また"softinfinite"であるためには、一つのランにつきアベレージ6勝で日々のクエストを成就したあと、一日無期限に一つのアリーナをプレーし十分なゴールドを獲得できると言う意味です。

アリーナで最も重要なスキルはゲームをすることです。それはわかりきったことかもしれませんが、多くの人がドラフトの方がもっと重要であると信じています。良いデッキと悪いデッキの差は、典型的にアベレージにおいて2勝の差と考えます。ドラフトのスキルはこの勝利の差の約半分によるものでしょう。あなたはドラフトがどんなに得意であっても、あなたが差し出されたどんなカードもコントロールすることはできません。この意味はランにつき6勝するプレーヤーと3勝するプレーヤーの差で、その違いの67パーセントはゲームプレースキルです。

ですから、アベレージプレーヤーにとってドラフトは確かに重要です。(エクストラウィン/ランが欲しくない人がいるでしょうか?)アベレージプレーヤーとして一度あなたがティアリストを考慮して基本を理解します。それがゲームプレーに集中するために、もっと有効です。アリーナマッチで最も重要な決断は:"敵のヒーローを攻撃すべきか? あるいは彼のミニオンでトレードすべきか?" "彼のミニオンに除去を使うべきか?あるいは私のミニオンをプレイすべきか?"そして"?彼のカードについて知ったうえでカードXをプレーすべきか?"ほとんどのケースにおいてこれらの質問に対しての簡単な答えはありません。そしてその状況が全てです。これが、トップアリーナプレーヤーとアベレージプレーヤの分かれるところです。グッドラック!

アリーナでの最善上達法は何か?

アリーナの最善上達法はアリーナでプレーすることです。そうは言ってもかたや、ストリーム/ディマンド ビデオを見たり、関連記事を読んだりすることは役に立つことでもあります。そうでなければ、あなたが考えもしなかったことを考えたり、そしてあなたの蓄積した知識/スキルを試したり、特に助けになるのはプレーをする前にディマンドビデオを見て途中で休止して、そのストリーマーのようにあなたが同じ決断をするかどうかを見てあなた自身試すことです。これは面倒なことですが、そのゲームを学ぶためにはとても役立ちます。ハースストーンは判断力においては100パーセントです。ですから、もしあなたがグレートアリーナプレーヤーといつも同じ判断をしているなら、そのときあなたはグレートアリーナプレーヤーになるのです。例外はありません。

私たちは3対1の割合で、あなた自身がそのゲームをプレーすることと、その他のゲーム関連のものを見たり学んだりすることをお勧めします。

このティアリストやアリーナを、普通どこでディスカッションできるか?

ハースストーンアリーナコミュニティは、ディスカッションでいっぱいです。もしあなたが参加したいのであれば、どうぞ行ってみてください。 Subreddit arenaHS 一般アリーナディスカッションのため、あるいは Subreddit grinninggoat 特に、このティアリストや私達の他のコンテンツのディスカッションのために 私たちはこれらのネットワークを頻繁にチェックし、毎回投稿されているものを読んでいます。

;